クレリア・デザインがあなたに付加価値として提供できること

ホームページ制作(web制作)におけるクレリア・デザインの特徴

基本的に一人で一貫制作

ホームページ制作(web制作)は、制作会社が請け負う場合には、通常以下のようないろいろな専門職の人がかかわって行われます。
(プロデューサー、ディレクター、デザイナー、イラストレーター、コーダー、プログラマー、ライター、カメラマン)
クレリア・デザインでは、現在の自分のスキルの範囲外と認められる高度なプログラミングや写真撮影、及び納期を考慮したスケジュールの都合を除き、基本的に一貫して自分一人がかかわります。
一人で全てにかかわることは、それぞれの専門職をかかえ様々な事案に対応できるフレキシビリティの高い制作会社に比べて、どうしても個人のスキルの幅、感性、時間に制限されるというデメリットがありますが、一方でコミュニケーションロスがないためにお客様のご要望をダイレクトに把握・反映できること、一人ならではの柔軟性や機動性が保たれること、制作会社よりもお客様のコスト面で貢献できることなどのメリットがあります。

もっと伝わるWebデザインへ

「伝えたいこと」を「伝えたい人」にもっと「伝わる」デザインを念頭に置き、お客様自身あるいはお客様が提供する商品やサービスのブランド価値が高まることを目指します。
Webデザインの基本をおさえながら、配色や仕掛けづくりでサイトにアクセントを加え、印象に残るサイト設計を心がけます。

  • ターゲット層にマッチしたデザイン設計
    もっと「伝わる」ように、ターゲット層を分析し、分析結果をデザイン設計に反映させます。
  • 使い勝手のよさの追求
    目的のコンテンツまでたどり着きやすい導線・レイアウト、わかりやすくクリックしやすいナビゲーション
  • 効果的な配色と画像の配置、タイポグラフィー
    お客様が伝えたいイメージは何かを十分に把握し、ブランドを想起させ、更に膨らませる配色と画像の配置、タイポグラフィーを行います。

Web標準コーディング(HTML+CSS)

コーディングとは、ソースコードを作成することですが、Webの場合は、
HTMLを記述することです。
コーディングの方法も変化してきていますが、クレリア・デザインでは「Web標準」に即した設定を行っています。具体的には、HTMLは情報に対して文章の構造化(正しくマークアップする)を行い、視覚面の設定についてはCSS(Cascading Style Sheet)で行います。
(このサイト作成時点ではXHTML+CSSでのサイト作成が一般的でしたが、今後はHTML5+CSS3でのコーティングが標準になります。)
「Web標準」には、以下のようなメリットがあります。

  • 更新がしやすくなる。
  • アクセシビリティーが向上する。
  • SEO対策につながる。
  • ファイルサイズの低減とサーバースペースの節約につながる。

コンテンツの拡充を重視

ホームページ制作(web制作)にあたって非常に重要なコンテンツですが、見栄えやテクニカルなSEO対策に目が向いて、肝心なコンテンツが置き去りになっているケースも見られます。
ユーザーは何らかの目的で情報を得るためにサイトを訪れるわけですが、アクセスしたはいいけれど、欲しい情報まで簡単にたどりつけない、たどりついても期待したような情報が得られない、ということではユーザーが再びアクセスしてくれることはまず期待できません。
伝えたい点(情報)をわかりやすく整理し、ユーザーにもっと伝わる表現にしたり、内容の充実や更新などでコンテンツの鮮度を維持していく必要があります。
クレリア・デザインでは、お客様の伝えたい点(訴求ポイント)をしっかり把握し、コンテンツの拡充に力を入れています。

標準的に組み込まれたSEO対策

SEO(Search Engine Optimazaiton)という言葉については、ご存じの方も多いと思いますが、単純に日本語にすれば「検索エンジン最適化」です。
クレリア・デザインのSEO対策についての考え方については、「SEO対策の考え方|SEOツールのご紹介」をご参照いただきたいのですが、クレリア・デザインのホームページ制作(web制作)では、標準的にある一定のSEO対策は組み込まれています。
どういうことかといえば、SEO対策には、サイト内で完結する「内部要因」とサイト外の対策の「外部要因」がありますが、クレリア・デザインでは、コーディング、ライティング、XHTML+CSS、サイトマップ、パンくずリストなどの内部SEO対策を標準で組み込んでいます。もちろん、オプションになりますが、Yahooなどのディレクトリ型検索エンジンへの登録、被リンク増の外部SEO対策もお手伝いさせていただきます。

「ホームページ制作(web制作)におけるクレリア・デザインの特徴」のトップへ
/div>